浅田哲臣

記憶力を高める方法


覚えていなくても良いことばかり覚えてしまい、肝心なことはほとんど頭に残らない状態だったとしても、
暗記で覚えていられる量が明らかに増えていき、繰り返して覚える回数が劇的に減っていく方法がこちら

 

 

 

 

 

試験勉強といえば、どうしても暗記中心になりがちですが、記憶力勝負となると、

 

やはり元も暗記に強い人など、頭の良い人たちにかなうはずがありません。

 

 

同じ時間だけ勉強したとしても、暗記力が弱ければどんどん差がつく一方で、

 

↓のような状態がこれからもずっと続くことになります。

 

 

 

■参考書のページが全然進まない

 

■イメージして記憶することが苦手

 

頭の良い人がうらやましくて仕方がない

 

暗記にはとことん苦しめられた記憶しかない

 

 

 

 

 

浅田哲臣さんの東大式IT記憶システム hyper e-memoriaは、

 

単語帳を何度もめくったり、ノートに何度も書くという作業を、ただエクセルベースのシステムに変えるというだけの暗記法になるのですが、

 

効果は絶大で、今まで10回かかってやっと覚えていたところを、5回とか7回くらいの手間で済むようになります。

 

 

 

つまり、記憶の定着率が通常の暗記の仕方に比べてずっと高くなるのが特徴で、

 

この方法を使って覚えたことは、時間が経過してもほとんど忘れることなく覚えていられるようになります。

 

 

 

浅田哲臣さんとはちなみに、「東大式」とあるように東大出身者なのですが、

 

驚くのは、彼が現役で東大に一発合格を果たしているところです。

 

 

それだけではなく、資格試験で難関とされる第一種情報処理技術者試験にも一発合格を果たし、

 

彼以外にも、幼稚園の子供が小学校で習う漢字1000文字を2週間で覚えてしまったほどの効果を上げています。

 

 

浅田哲臣さんと東大式IT記憶システム hyper e-memoriaのそのほかの実績はこちらにもっと詳しくまとめています。

 

 

 

 

 

 

記憶術 口コミ

 

 

人間の記憶は、通常の暗記のやり方をしてしまうと、

 

エビングハウスの忘却曲線と呼ばれる原理にしたがってどんどん記憶が飛んでいき、

 

しまいには、ほとんど忘れてしまうことが知られています。

 

 

そのため、繰り返し学習をすることで記憶の定着率をアップさせる必要があるわけですが、

 

通常のやり方では、繰り返しても効果はあまりにも限定的で、忘れる量は常に膨大になっています。

 

 

しかし、東大式IT記憶システム hyper e-memoriaでは、

 

1回の暗記で定着する記憶量が多くなり、覚えていられる量がどんどん増えていきます。

 

 

 

 

 

繰り返し東大式IT記憶システムを利用することで、最初は忘れてしまっていたことも、

 

どんどん記憶に残るようになっていくほか、一度覚えたことを忘れてしまう、といった事態も起こらなくなります。

 

 

 

人間の頭の良さは、理解力や直観力、判断力などなど、いろいろな要素がありますが、

 

日常生活での勉強をする上では、暗記力の高い方が圧倒的にメリットがあり、他の人よりも断然有利に試験勉強を進められるようになります。

 

 

 

あなたも、暗記の手間の軽減位伴って、重くのしかかっていた勉強の負担もずいぶんと軽くなり、

 

短期間のうちに、↓のようになることができます。

 

 

 

忘れるストレスから解放される

 

何でも覚えたくなってしまう

 

■一日中かかって覚えていたようなことを2時間程度で覚えられるようになる

 

■今まで難しいと思っていた科目が どんどん理解できるようになる

 

 

 

 

 

負担の大きい暗記の仕方を続けて勉強時間をさらに無駄にする前に、限られた時間で最高のパフォーマンスを発揮できる暗記法を試してみるにはこちら