倉木真二

通貨数が多いFX業者
  • SEOブログパーツ

ゴルフ アプローチ スイング

ゴルフが上手くなりたいとは思いつつも時間がなく、ラウンドでは悔しい思いばかりをしていたとしても、
ぶれまくりだったスイングが一定のリズムで振れるようになり、ボールを狙い通りに飛ばせるようになる練習法がこちら

 

 

 

 

あなたも、↓の中に思い当たることがないでしょうか??

 

 

自分にもできそうなアプローチの専門書というのが見当たらない

 

スイングが安定しない

 

アプローチの距離感が合わず狙ったところへ球を飛ばすことができない

 

付き合いのゴルフが苦痛

 

 

 

 

ゴルフが上達しない原因は主に二つあって、

 

 

1.間違った考え方に基づく、間違った練習法を実践していること

 

2.1.のせいで悪い癖や誤った常識が身に付いてしまっていること

 

です。

 

 

つまり、練習してもゴルフがうまくならないのはあなたの才能やセンスに問題があるわけではなく、

 

練習のやり方を間違えていただけにすぎません。

 

 

人間の体の構造を自然に利用する正しいスイングが身につく正しい練習法を実践してみると、

 

今まで身に着けてきたことの多くが、間違っていることに気づくことになります。

 

 

 

倉木真二さんのアプローチの真髄は、

 

アプローチの原理原則に基づいたスイングを学ぶことができるレッスンDVDで、

 

肘の抜き方、ボディターンやフォロースルーなどのポイントを具体的かつ丁寧に解説されているだけではなく、

 

自宅でも練習できるようにレッスン内容が工夫されています。

 

 

 

倉木真二さんはちなみに、「月刊ゴルフギア」の「おすすめ情報ベスト7」でも紹介されたことがあるので、あなたも見たことがあるかもしれませんが、

 

距離感の合うアプローチができるようになると評判のゴルフコーチです。

 

 

中には、60歳を過ぎてから自己スコア更新した方もいるように、

 

レッスンで体に負担をかけることがなく、自然にクラブを振れるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

アプローチの真髄では、

 

二つの打ち方を身に着けることが主な目的となっていて、

 

これさえ手に入れることができれば、どんなシチュエーションでも適切なスイングができるようになります。

 

 

レッスンの特徴は、具体的で丁寧なところで、

 

たとえば、スイングの一連の動作を一つずつ細かく分解して解説していますので、

 

自分のどこに問題があるのかが把握しやすくなっています。

 

 

 

そして見つかった問題点に対しても、どのように改善していくのが良いのか、

 

具体的なレッスン法が紹介されていますので、下手な練習をして余計にスイングを崩してしまうようなことがなくなります。

 

 

 

アプローチの真髄の詳細なレッスン内容について、ここではポイントを整理していくつか取り上げていくと、

 

 

状況に応じたクラブ選択を間違いなく出来るようになる方法

 

アプローチで「絶対にやってはいけないスピンの掛け方」

 

左足下がり、左足上がり、つま先上がり、つま先下がりなど、あらゆる傾斜からの具体的な打ち方

 

左足下がりの難しいライからのバンカーショットで守るべきポイント

 

 

 

 

 

こうした内容となっていて、

 

バンカーの打ち方といったトラブルショットもできるようになります。

 

 

 

 

 

アプローチの真髄のホームページには、倉木真二さんに届けられたたくさんの声の一部が紹介されています。

 

基本の繰り返し練習の積み重ねが大きな結果として残せるのも頷けます。

 

内容も具体的で実践しやすい説明がずらっと並んでいます。

 

アプローチだけでこれだけの打ち方があるとは正直知りませんでした。

 

この教材に書かれているアプローチの原理原則は非常に理論的で納得いく

 

 

 

 

彼らの体験談にあるように、

 

正しい動きと悪い動きを見比べながらレッスンができるので、良い点・悪い点の違いがはっきりとわかりやすくなっています。

 

 

あなたも、今までのように無駄な練習で時間を潰してしまうことなく、

 

↓のようになることができます。

 

 

自分のゴルフに自信が持てる

 

プロのアドレスができるようになる

 

コースを攻める快感が出てくる

 

距離の有るバンカーショットでも自信を持ってアプローチショットを打てる

 

 

 

 

 

 

 

 

調子が良い時のリズムをずっと維持できるようになり、当たり前のように100切りをして楽しくラウンドできるようになるにはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兼子ただし
小熊恒久
片頭痛大革命