西田文郎

メンタルトレーニング CD

 

いつも試合前から緊張が始まり、試合になるといつものプレーができず悔しい思いばかりしていたとしても、
あれだけ揺さぶられていたメンタルが安定し、大体のピンチには冷静に対処できるようになる方法がこちら

 

 

 

 

 

あなたも、↓のような悩みがあるんじゃないでしょうか?

 

 

 

気が付くと愚痴や文句ばかりになっている

 

やるべきことが出来ない

 

実力を発揮するつもりがかえってあだになる

 

本番中、あまりの緊張で頭が真っ白になる

 

 

 

 

試合でもいつも通りのプレーができるようになりたいと願うのは、

 

あなた以外にも、数多くのプレーヤーが願うことですが、実際には、練習でできたことが緊張のせいでうまくできなくなったりして、

 

思うように実力を引き出せない人がたくさんいます。

 

 

だからと言って、大きく深呼吸をしたり、緊張しないおまじないをしたところで、効果があるわけもなく、

 

緊張が極端に高まっている中で、いつもの動きができない状態で試合開始となってしまい、

 

不本意な結果で終わってしまうケースは少なくありません。

 

 

ただ、日本記録・世界記録を出すようなトップアスリートだって緊張はしますし、

 

大勢の観客の前でプレーをするプロ選手だって、みんな緊張を感じてはいるものの、

 

彼らのほとんどは、ただしいメンタルコントロールの方法を知っていて、それを実践しているにすぎません。

 

 

しかも、彼らのやっている方法というのは、決して難しいものではなく、

 

方法さえ知ってしまえば、小学生にでもすぐに実践できてしまうほど、簡単なことばかりです。

 

 

 

西田文郎さんの本番で実力を発揮するメンタルトレーニングは、

 

1日15分程度の簡単なトレーニングをするだけで、メンタル強化ができ、試合でいつもの調子を出せるようになるマニュアルで、

 

これまでにプロ・アマ問わず1000人を超える人たちのメンタル強化に成功した方法がいくつも紹介されています。

 

 

 

本番で実力を発揮するメンタルトレーニングのホームページには、実際にこの方法を使って、

 

メンタル強化できた人たちの体験談がたくさん紹介されていて、

 

 

体を動かす時、どれだけこの「メンタルイメージ」が大事かという事を 改めて知ることができて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

ダーツはメンタル面が大きく響くので、これは試すしかないと確信しました!!

 

周りが同調して練習の質がぐんっと向上しました。

 

なんだか自分にも自信がつき、毎日が楽しくなりました。

 

 

もっとたくさんの声をこちらでも紹介しています。

 

 

 

 

 

 

本番で実力を発揮するメンタルトレーニングの西田文郎さんとはちなみに、

 

オリンピック金メダリストをはじめ、プロ野球選手、Jリーガーなどなど、

 

トップアスリートのメンタルケアを多数担当している人で、スポーツ界以外にもビジネス業界からも、メンタルコーチの依頼を多数受けている人です。

 

2007年からは、ソフトボール女子日本代表チームのメンタルケアも行い、

 

ロンドンオリンピック・北京オリンピックを通じて、たくさんのアスリートが彼のおかげで、

 

実力を発揮できるだけのメンタルを手にすることができています。

 

 

 

 

人間の心の動きは、脳と密接なかかわりを持っており、西田文郎さんはメンタルの強化と脳の強化はほぼ同じだと断言しています。

 

 

たとえば、「失敗したらどうしよう。。。」考えれば考えるほど、体が緊張していき、失敗を招くようなメンタルを作り出してしまうわけですが、

 

『3秒ルール』と『イエス・バット法』を行うことによって、ネガティブなイメージをポジティブに変えることができます。

 

 

 

 

人間という生き物は、とにかく悲観的に考えやすい傾向があり、どうしてもネガティブなイメージに支配されやすいため、

 

悲観的な考えが浮かんできた際には、ポジティブなイメージへと書きかけ、頭にはうまくいったイメージだけを残すようにします。

 

 

たったこれだけでも、驚くほどの効果があり、緊張を招いていた負の連鎖を断ち切ることができるので、

 

どんどん緊張が高まって、体が硬くなる事態を防ぐことができます。

 

 

それでも、緊張が張りつめてしまった場合には、緊張をほぐす具体的な深呼吸の方法が紹介されていますので、

 

試合中でも、試合前でも、いつでも本来の自分を取り戻すことができます。

 

 

 

人間は、何かに失敗してしまうと、そのイメージがどうしても付きまとってしまい、

 

本当ならば起こすはずのなかったミスやトラブルを招いてしまったりします。l

 

 

しかし、メンタルのメカニズムを知り、正しい対処法さえ知っておけば、ちょっとやそっとじゃ動じない心理状態を保てるようになり、あなたも、苦労することなく、↓のようになることができます。

 

 

 

積極的な自分になる

 

感情の抑揚をコントロールできる

 

どんな不利な状況でも自分のプレーができる

 

友人や後輩から尊敬される

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張が極限に達して試合中にパニックをお越してしまう前に、あらゆる局面において冷静にプレーできる実力を身に着けるにはこちら

 

 

 

 

 

 

谷将貴
筋トレ
ボディーコーディネーターyoshi